今日の黒板消し係

黒板消しって鹿児島では『ラーフル』って言うんですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
帰ってきたら。

帰ってきたら、秋でした。

今日は涼しい時間をすごしています。


甑島の記録を少しだけ残しておこうかと。

心に残った作品を。
リンク先のKOSHIKI ART PROJECTのブログからご紹介。


平嶺林太郎 『het』
プロジェクトの主催者、平嶺林太郎さんの作品。
遺伝子を大きなテーマに持っている林太郎さん。
帰ってきてからも考えさせられている。


大久保具視 『残っていても見つからない』

いつまで見ていても飽きないっていうのが
自分の中で良いアートの基準ひとつなんです。
そんな作品でした。


斉藤智顕(地元作家) 『漂着クラブ』

心残りな作品。もう一回見たい。見たりなかった。
ちゃんと見たのだけれども、また見たいと思う。
斉藤さんのおうちは焼き物をされているそうで、
隣にあったお店でマグカップを購入。
甑島の土で作った、甑島の青色をしたマグカップ。


清原亮 『点 ― 水面』
一番なにかを感じた作品かもしれない。
見ていてうれしかったんだ。やさしい色も好き。
水面っていうタイトルの作品。
よくわからないけど、気づいたら走って近くの海の水面を見に行てった。




アートな島はあつい思いを持った人が集まっていました。
すてきな島でした。

食べ物もおいしかったです。


そして、今回は写真をいっぱい撮りました。
気の向くままシャッターを押しました。
気になる方は見てみてください。
甑島 写真へのバナー

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。